カタール航空、機内にネズミが侵入して6時間遅延するトラブル

Rat_CopyrightFree

カタール航空のQR150便が、機内にネズミが発生した事を受けて、フライトを6時間遅延させました。英デイリーメール誌などが報じています。

ネズミが見つかったのはカタール航空のボーイング777-400型機の客室通路で、このネズミを排除するために定刻より6時間遅れての出発となりました。ネズミ駆除に際し機内ではガスが使用され、ネズミはその後亡きがらとなって発見されました。

該当便を利用する旅行者の多くはシンガポールやバリなど、ドーハでの乗り継ぎ便利用者であったため、乗継便に間に合わないなどのトラブルが発生しました。中には、新年を海外で過ごす予定の旅行者もいましたが、今回のネズミ騒動の結果、大晦日に到着できないという方もいたようです。カタール航空では、今回の遅延によって発生したすべての損害に対して、補償金を支払うとしています。

機内にネズミが発生するというケースはそうそう珍しくないもので、彼らは機内食を狙ってカートなどに侵入し、そこから機内に出てくることがあるとのことです。齧歯類はゴムなどを好んで囓る習性があることから、機内の重要なケーブル類を噛みきってしまう前にガスなどで駆除されるとのことです。

■関連記事
「メリークリスマスって言わないで!」 1人で航空機に搭乗した男がクリスマスを祝うスタッフに激怒し搭乗拒否!
中国国際航空、機内で幼児の泣き声を巡って殴り合いをするトラブル
「ナッツの出し方が悪い!」大韓航空副社長が飛行機を引き返させるトラブル
タイ・エアアジア、中国人乗客がCAに熱湯の入ったカップラーメンを浴びせるトラブル 

詳細はこちら