エアアジア・インドネシア機消息不明、同社CEO「原因特定に最大限当局と協力」

ak

インドネシアのスラバヤ発シンガポール行きのエアアジア・インドネシアQZ8501便が、現地時間12月28日早朝、消息を絶った。インドネシア・エアアジアは、12月29日午前0時半過ぎ、最新情報を報道陣に公表した。 

スラバヤとシンガポールに、乗客の家族向けのブリーフィングルームを設置したほか、緊急通報センターを設置した。

捜索は、インドネシア救助機関(BASARNAS)などの指導の下、行われており、エアアジア・インドネシアは全面的に協力し、あらゆる可能な方法で調査を支援しているとしている。

Sunu Widyatmoko最高経営責任者(CEO)は、「我々は深くショックを受け、この事件によって悲しんでいる。私たちは、この事件の原因を特定するために最大限に関係当局と協力している。私たちは最新情報を乗客や同僚の家族に伝えることを優先する。」とコメントしている。

エアアジアの最新発表によると、乗員はパイロット2名と客室乗務員4名、エンジニア1名の計7名で、うち客室乗務員1名はフランス国籍、他6名はインドネシア国籍。乗客はインドネシア国籍149名、韓国籍3名、イギリス、マレーシア、シンガポール国籍各1名の計155名が搭乗していた。うち16名が子供、1名は乳児だった。

スラバヤを現地時間午前5時20分過ぎに出発し、同7時24分頃、ジャワ海上空のカリマンタン島付近を飛行中に連絡が取れなくなった。周辺は悪天候だったものの、提出されていた飛行計画通りに飛行を続けていた。消息を断つ前、悪天候のためルートの変更を管制に要請していた。

当該機、PK-AXCは、今年11月16日に定期メンテナンスを受けており、異常は見当たらなかった。機長は飛行時間20,537時間で、うち6,100時間はエアアジア・インドネシアでの飛行経験があった。副操縦士2,275時間、エアアジア・インドネシアでの飛行経験があった。

詳細はこちら