IKEA、北京首都国際空港に体験エリア 店舗で昼寝のマナー違反客に朗報?

pek

北京首都国際空港第3ターミナルに、IKEAが「快適睡眠区」をオープンした。

中国各都市に店舗を構えるIKEAでは、昼寝に訪れる客も多く、特に寒い冬期には激増。最初は店員がマナー違反を注意していたものの、現在では放置状態とのこと。「快適睡眠区」は、IKEA公認の昼寝ゾーンとなっている。

「快適睡眠区」では、2つのベッドと2つのリビングを配置しており、自由に体験することができる。 中国メディアの人民網では、ベッドで眠っている体験客を写真付きで紹介している。

展示は12月30日まで。

詳細はこちら