「メリークリスマスって言わないで!」 1人で航空機に搭乗した男がクリスマスを祝うスタッフに激怒し搭乗拒否!

AmericanAirlinesNewDelivery

ニューヨーク発ダラス行きのアメリカン航空1140便で、叫び声を上げた乗客が搭乗を拒否されるトラブルが発生しました。英デイリーメール誌が報じています。

搭乗を拒否された男性は、同便を1人で利用する予定でした。搭乗口にてスタッフが「メリークリスマス」というと、男性は「すべての人がクリスマスを祝っているわけではないのだから、そういうことは言うべきではない。」と不快である旨を述べたとのことです。

ニューヨークポストによると、これを受けたスタッフが、「では、なんと言えば良いのでしょうか?」と言うと男は激高し、「Don’t Say “Merry Christmas!”(メリークリスマスと言うな!)」と言い、言い争いはエスカレートしていったと言うことです。

その後、1140便に乗り込んだ男性でしたが、客室乗務員が搭乗口のスタッフと同様に「メリークリスマス」と言うと、ふたたび「メリークリスマスと言うな!」と叫びだしたとの事です。アメリカン航空の客室乗務員達は、男性を席に戻そうとしましたが、男性は激高しており事態が収まることはありませんでした。

最終的に、男性は搭乗を拒否され航空機から降ろされてしまいました。1140便は、ニューヨークのラガーディア空港を40分遅れで離陸しました。

■関連記事
中国国際航空、機内で幼児の泣き声を巡って殴り合いをするトラブル
「ナッツの出し方が悪い!」大韓航空副社長が飛行機を引き返させるトラブル
タイ・エアアジア、中国人乗客がCAに熱湯の入ったカップラーメンを浴びせるトラブル 
「換気したかった…」中国国内線で乗客が非常口を開けるトラブル 

詳細はこちら