東京・赤坂に完全ハラル認証レストラン 豪華ハラルおせちや500円ランチも

haral

ASlink(アスリンク)は、12月19日、東京・赤坂に、完全ハラル認証レストラン「東京ハラルレストラン」の第1号店をオープンした。

アスリンクのモハマド・シャーミン代表取締役はバングラデシュ出身で、これまでの経験を踏まえ、「中東やアセアン諸国の方々も日本で安心して食べられる食を提供したい」という思いから、ハラル認証の取得を決意したという。

通常、和食にはみりんなどを多用するものの、ムスリム向けにはこうした調味料が使えないため、代わりに砂糖やハチミツを使用するなどして味わいが変わらないように、食材や調理法を工夫した。

また、自家製テリーヌやローストビーフなどの一の重(洋風)、黒豆やこんぶ巻きの詰まった二の重(和風)、牛ほほ肉やスパイシーチキンの三の重(インド風)の豪華な”ハラルおせち”も注目を集めた。こちらは、日本滞在中のムスリムが一緒に日本のお正月を楽しめるようにという配慮から要望が寄せられたものだという。

haral2

オープンを記念して、12月末まで、ランチタイム限定で、「ハラル若鶏のローストプレートランチ」などのランチメニューがすべて500円となるオープニングキャンペーンも開催している。

今後、 日本在住のイスラム教徒やムスリム旅行者、企業や大使館など接待やパーティー需要を見込んでおり、レストランのオープンに先駆けて10月に開始した、ハラル弁当やケータリング事業を行う「東京ハラルデリ」は、ホテルや病院からの注文を既に受けているという。

営業時間は、午前11時30分から午後2時と午後5時から午後11時。土日祝日は休業で、席数は30席。