スカイマーク、米子線から撤退へ 一部報道で

sky

経営再建を急ぐスカイマークが、拠点と位置づけていた米子から撤退する方針であることがわかった。メディア各社が一斉に報じた。


米子線は、今年10月25日に東京/成田拠点から撤退するのに伴い、東京/成田〜米子線を撤退。東京/羽田・札幌/千歳〜米子線直行便も経由便に切り替え、神戸・沖縄/那覇〜米子線のみが直行便として運航していた。神戸・沖縄/那覇〜米子線は一部の報道では来年9月で廃止をする方針。

これに伴い、来年夏スケジュールから運航再開を予定していた、東京/羽田〜米子線は安定した搭乗率が見込める幹線に振り分け、収支改善を急ぐ。

スカイマークへは、国土交通省が現在割り当てている、東京/羽田の発着枠36枠を維持する方針。また、日本航空(JAL)と全日空(ANA)との共同運航も行うことで、増収を見込む。

■関連記事

スカイマーク、ANAにも提携を打診 ファンドからの出資も

スカイマーク、JALと提携か 国交省は難色示す

スカイマーク、2年連続の最終赤字に 業績予想を下方修正

詳細はこちら