デルタ航空、米ビジネストラベルニュースの調査で4年連続1位に


main


デルタ航空は、アメリカの業界誌ビジネストラベルニュースが企業の業務渡航で決定権を持つトラベルマネージャーを対象に毎年実施しているエアライン調査で、4年連続で1位に選ばれた。同じ航空会社が4年連続でトップに選ばれるのは今回が初めて。

デルタ航空は、調査対象となる全10項目で前年より高い得点で首位に選ばれた。特に「トラベルマネージャーと航空会社の営業担当者との関係」、「カスタマーサービスの質」、「運航路線、運航頻度、提携航空会社」などの主要項目で、高得点を獲得した。調査対象となった航空会社には、アメリカン航空やユナイテッド航空、サウスウエスト航空などが含まれている。

ビジネストラベルニュースを発行するBTNグループの発行人、ルイス・マグリアロ(Louis Magliaro)氏は、「今年のエアライン調査で1位を獲得し、4年連続でビジネストラベラーニュースの購読者に選ばれるという歴史的偉業を成し遂げたデルタ航空にお祝いを申し上げます。17年間にわたる調査の歴史の中で、4年連続で首位に選ばれたのはデルタ航空が初めてで、すべての項目で業界関係者から高く評価されたことは、デルタ航空の努力が認められたことを示しています。」とコメントしています。

デルタ航空は他にも、アメリカの航空業界誌エアー・トランスポート・ワールド(ATW)誌により、2014年の「エアライン・オブ・ザ・イヤー(2014 Airline of the Year)」に選出されたほか、フォーチュン誌の「2014年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2014 World’s Most Admired Companies Airline Industry List)でも4年間で3度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれている。