デルタ航空、東京/成田発着アジア路線5路線を維持

delta

デルタ航空は、投資家向け資料で、成田空港を発着するアジア路線を2009年の12路線から、2015年までに5路線にまで縮小すると明らかにした。すでに近距離アジア線は5路線にまで規模を縮小しており、これを維持する。


現在、東京/成田発着の近距離路線はグアム・サイパン・パラオのリゾート路線と、マニラ・上海/浦東・バンコク・シンガポール・台北/桃園線のアジア線に就航している。ソウル/仁川線や香港、北京線はすでに撤退している。

デルタ航空は、今月、アメリカ国外初の格納庫を成田空港にオープンしたばかり。

【お詫び】

デルタ航空はすでに香港線の撤退で東京/成田発着のアジア近距離線は5路線となっており、この発表はさらなる路線削減を意味するものではないとのことです。お詫びと訂正をさせていただきます。(タイトルと本文の一部を修正しました。)

詳細はこちら