東京シャトル、「東京シャトルフリー乗車専用回数券」の発売・使用期間延長

東京シャトル

京成バスグループなど4社が運行する「東京シャトル」は、2015年3月31日までを予定していた、7枚綴りの回数券「東京シャトルフリー乗車専用回数券」の発売期間と使用期間を延長すると発表した。

発売期間は2016年3月31日まで、試用期間は2016年9月30日まで。

発売場所は、東京駅八重洲口前「京成高速バスラウンジ」と成田空港内京成バスチケットカウンターの2ヶ所のみで、価格は7枚綴りで6,000円。1枚あたり857円となり、使い方によっては従来よりもお得に利用が可能。

回数券の利用の場合は事前予約はできない。また、午前1時から5時までに東京駅を出発するバスに乗車する場合は2枚(1,714円相当)が必要となるため、事前予約のほうが900円と大幅に安くなる。

また、成田空港を午前7時から午後9時50分までに出発する便に乗車する場合は、京成バスチケットカウンターで時間指定の乗車券と引き換える必要がある。

■関連記事
京成バスとナインアワーズ、共同タイアップ実施 仮眠とシャワーを割引
東京空港交通、東京シティエアターミナル〜成田空港線を便限定で1,000円に!

詳細はこちら