スカイマーク、ANAとJAL両社と提携か 来春より共同運航

sky

経営再建を急ぐスカイマークが、日本航空(JAL)と全日空(ANA)の両社と、今春より共同運航を行うと朝日新聞電子版が伝えた。

スカイマークは、JALと共同運航での提携を行うとして11月中にも国交省に申請し、来年2月からのコードシェア運航開始を目指していたものの、国交省が難色を示していたため、これを見送っていた。ANAとの提携は国交省の意向で、ANAはJALとスカイマークとの提携に難色を示していたものの、これを受け入れる模様。

スカイマークは、今年6月から、全席にプレミアムシートを搭載した中型機のエアバスA330型機を導入。東京/羽田〜福岡・札幌/千歳線に投入しているものの、搭乗率は予想より低迷しており、両社との提携で底上げを図りたい考え。

スカイマークの株価は、一時、ストップ高となる、前日比80円高となる377円にまで急伸した。

■関連記事
スカイマーク、ANAにも提携を打診 ファンドからの出資も
スカイマーク、JALと提携か 国交省は難色示す
スカイマーク、2年連続の最終赤字に 業績予想を下方修正

詳細はこちら