ANA、国際線受託手荷物を1個から2個に拡大 来年1月8日発券分から

nh

全日空(ANA)は、来年1月8日発券分より、国際線エコノミークラスの受託手荷物を1個から2個に拡大すると発表した。


同社は、2013年6月1日発券分より、受託手荷物を2個から1個に変更していた。ライバルの日本航空(JAL)は2個のまま据え置いたため、荷物が多い単身赴任者が長期旅行者から不満の声も上がっていた。

ANAは、今後、国際線事業の拡張を予定しており、インバウンド旅客の獲得のため、競争力を高める必要があると判断した。また、超過手荷物料金についても一部見直しを行うとしている。

(本文の一部を修正いたしました。)

詳細はこちら