ユナイテッド航空、ヒューストン〜サンティアゴ線開設 東京/成田発着便と同日乗り継ぎが可能


United B777-200ER


ユナイテッド航空は、現地時間12月7日より、ヒューストン〜サンティアゴ線に、週7便就航した。同社として初のチリへの直行便となる。

日本からは、東京/成田〜ヒューストン線が往復ともに同日接続する。

機材はボーイング767−300型機を使用。フルフラットの「ユナイテッド・ビジネスファースト」を30席、「ユナイテッド・エコノミープラス」49席、「ユナイテッド・エコノミー」135席の合計214席仕様。

ジョン・スレイター米州営業担当副社長は、「弊社の中南米ネットワークにサンティアゴが加わったことを大変嬉しく思います。この新路線開設により、ヒューストン近郊のお客様にサンティアゴへの直行便をご提供するのみならず、弊社のグローバルネットワークを利用してシカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ワシントンD.C.そして東京などの都市から乗り継ぐお客様にも、南米へさらに便利なアクセスをご提供できるようになりました。」と述べている。

■ダイヤ
UA847 ヒューストン(21:35)〜サンティアゴ(10:10+1)
UA846 サンティアゴ(23:00)〜ヒューストン(05:55+1)

詳細はこちら