キャセイパシフィック航空、羽田空港に拠点外で最大級の広さの「キャセイパシフィック・ラウンジ」オープン ヌードルバーやフードバーも

cx_official_1

キャセイパシフィック航空は、あす12月9日に、羽田空港に日系航空会社以外で初となるラウンジ「キャセイパシフィック・ラウンジ」をオープンする。

オープンに先立ち、12月8日に式典を開催し、関係者向けに内覧会が行われた。 

cx_official_3

ラウンジは、114番ゲート近くに位置し、全日空(ANA)の「ANAラウンジ」や日本航空(JAL)の「サクララウンジスカイビュー」などが位置するラウンジエリア最上階となる6階。

総面積は、香港以外の自社ラウンジとしては最大級となる990平方メートルを誇る。

cx_official_2

設計は、ロンドンを拠点に活躍するイルゼ・クロフォード氏率いるスタジオイルゼ(StudioIlse)を起用。木や石などの天然資材を使用したほか、日本のアート作品、観葉植物などを配置しを多用することで「リビングにいるような心地よさ」を表現した。

cx10

ラウンジは3方向の窓から光が差し込み、天気のいい日には富士山が望める。

cx12

キャセイパシフィック航空のラウンジでは定番となっている、ロングバーも設けられた。

cx16

cx15

cx8

また、乗客がラウンジで重視することの一つが飲食施設としており、「ザ・ヌードル・バー」も設けられており、ホテルオークラのシェフが、香港国際空港のラウンジでも人気のキャセイパシフィック特製の坦担麺やワンタン麺など、出来立ての本格的麺料理のほか、和朝食やフレンチトーストなどを提供する。 

cx2

cx1

さらに、各種サラダやサンドイッチ、キッシュをはじめ、ペイストリー各種と本格的コーヒー・ドリンク各種、デザートといった軽食メニューを数多く取り揃えた「フード・バー」も設置。

cx6

cx17

バーでは、キャセイパシフィック航空特製のシグネチャー・カクテルを含めた豊富なアルコール類とノンアルコール飲料、ホテルオークラブランドのワインなども提供される。

cx5

cx4

cx3

cx13

各席にはテーブルの引き出しのほか、各座席の下に複数個の電源が配置されている。また、ラウンジ内は無料Wi-Fiの利用が可能となっている。

cx9

トイレも、荷物を置いたり着替えができるように広めのスペースが取られている。なお、シャワーブースは設けられていない。

cx7

ビジネススペースには、2種類のOSを搭載したiMacとプリンターを完備。4席のワークステーションが用意されている。

キャセイパシフィック航空のクラレンス・タイ日本支社長は「新デザインコンセプトの導入とともにキャセイパシフィック航空は新たな章の幕開けを迎えた。この新コンセプトに基づいたラウンジを世界に先駆けて羽田空港に開設できることを光栄に思う。最重要市場のひとつである日本の羽田空港で、キャセイパシフィック航空の新ラウンジをより多くのお客様に体験していただきたい」と述べている。