チャイナエアライン、石垣〜台北/桃園線を運休 冬期需要低迷で

ci

チャイナエアライン(中華航空)は、今年4月1日よりマンダリン航空から引き継いで運航を開始した、石垣〜台北/桃園線を、12月6日をもって運休した。

チャイナエアラインの撤退で、石垣空港を発着する国際線定期便はゼロとなった。

■ダイヤ
CI125 石垣(10:05)〜台北/桃園(10:20)/火・土
CI124 台北/桃園(07:00)〜石垣(09:05)/火・土

機材は、ボーイング737−800型機で運航していた。

トランスアジア航空も、今年4月にこの路線から需要低迷で撤退している。

詳細はこちら