ライアンエア、今後3年間の経営計画を明らかに 機内Wi-Fiや大西洋横断路線も

ryanair-aircraft

ヨーロッパ最大のLCCであるアイルランドのライアンエアは、今後3年間の経営計画を明らかにしました。この中にはサービス拡張のほか、新規路線就航も含まれています。デイリーメール誌などが報じています。

ライアンエアは、不要なサービスを徹底的に排除することで、他の航空会社よりも安価な運賃で各地を結び、急成長してきました。しかしながら、今回の計画には機内での無料インターネットサービスを盛り込むなど、サービスを拡大する方針となります。

ライアンエアは、今後大西洋横断路線を新規に開設しアメリカの都市などに就航するものとみられます。また、既存の路線だけでなく、これらの大西洋横断路線においても無料インターネットサービスを提供する予定であるとしています。また、パッケージツアーの販売も早い段階で開始する予定としています。

また、機内インテリアのオーバーホールも実施する予定で、黄色を中心とする現在の機内から青を中心とするより落ち着いたデザインにする予定であるとのこと。

これらの多くの新戦略は3年以内に開始する予定であるとしており、これと平行してボーイング社の新型機、ボーイング737MAXを順次導入していくとしています。

■関連記事

ライアンエア、51時間の遅延が発生するトラブル 乗客は怒り心頭

詳細はこちら