エアアジアX、札幌/千歳〜クアラルンプール線の開設を検討 ロンドン・パリ線再開も

taax

エアアジアXが、来年にも札幌/千歳への乗り入れを検討していることがわかった。エアアジアのトニー・フェルナンデスCEOが明らかにしたと、シンガポール紙のニュー・ストレイツ・タイムズが報じた。

エアアジアXは、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部の3都市4空港に就航しており、乗り入れ5空港目となる。

原油価格の急速な下落もこれを後押ししており、ハワイ線の新規開設のみならず、ロンドン・パリ線の運航再開なども検討している模様。マレーシア航空が不採算路線など25%の路線縮小を行うとの憶測もあり、利用者や需要増に寄与すると見られる。

エアアジアXは、2015年の成長を10〜13%と予測しており、オーストラリアなどの一部路線を縮小し、収益性の高い路線の開設を行う計画。

■関連記事
マレーシア航空、大阪/関西線など約25%の路線を縮小か メイバンクアナリスト予測
エアアジアX、4四半期連続赤字 機材売却と導入延期進める計画

詳細はこちら