ルフトハンザ、また乗務員スト実施 日本線4便が欠航

DSC_3633

ルフトハンザ・ドイツ航空は、きょう12月4日、日本発着の一部便を、乗務員のストライキの影響で欠航した。同社の運航乗務員は9月30日と10月21日、12月2日にもにもストライキを実施している。

欠航となったのは、フランクフルト発東京/成田行きのLH710便、東京/成田発フランクフルト行きのLH711便、ミュンヘン発東京/羽田行きのLH714便、東京/羽田発ミュンヘン行きのLH715便の計4便。それ以外の日本線とヨーロッパ内を運航する路線は通常通り運航する。

ルフトハンザ・ドイツ航空では、コールセンターや出発空港で代替便への振り替えを行うとしている。

グループ会社のオーストリア航空やジャーマンウイング運航便などでは影響はない。

■関連記事
ルフトハンザ、労組との交渉決裂 さらなるストライキの可能性示唆

詳細はこちら