「早く帰りたい…」 マイナス52度で凍った旅客機、乗客が手で押し出発!

utair

ロシア・シベリアで、凍って動かなくなった飛行機を乗客が押して動かし、その後乗客を乗せて飛び立つという珍事があった。各メディアが伝えた。

ブレーキが凍結したために動かなくなってしまったのは、UTエアーの旅客機で、イガルカからクラスノヤルスクに向かう、ツボレフ134型機。イガルカの気温はマイナス52度だった。

天然ガスの技術労働者で帰宅するために搭乗していた約70人の乗客は、「早く家に帰りたい」との理由から立ち上がり、翼を持って30トンもの飛行機をプッシュバックさせ、飛行機は無事に出発した。 

同機は間違ったグリスを使用してしまったために凍ってしまったと見られており、ロシア当局は調査を行う方針。

■関連記事
「世界最悪の空港」1位にイスラマバード国際空港 マニラは3年連続ワースト逃れる
世界一のピアス男、ドバイで入国拒否 「黒魔術師」の疑いで
想定外の方法で1年間毎日ラウンジを利用し続けた中国人男性、航空会社も”お手上げ…”
「機内食はサンドウィッチじゃないと嫌!」パキスタン航空のパイロットがサンドウィッチの到着を待ち、飛行機が2時間半遅延!
「LCCだけど機長はケチではない!」 米・フロンティア航空機長が乗客160名分のピザを自腹で注文!

詳細はこちら