デルタ航空、シアトル発着5路線を来春開設 国際線から乗り継ぎ強化

delta

デルタ航空は、来春からシアトル発着のアメリカ国内線を5路線拡張すると発表した。

サクラメント・ボイシ線が5月4日からいずれも1日4便、ケチカン・シトカ線は5月15日からいずれも1日1便、デンバー線は6月4日から1日5便をそれぞれ運航を開始。デンバー線はコンパスエア、それ以外はスカイウエストが「デルタコネクション」ブランドで運航する。

この拡張で、アメリカ西海岸のトップ15都市とアラスカで人気の5都市が結ばれることになり、西海岸ハブが強化される。

すべての路線が、シアトルに到着する国際線10路線とスムーズに乗り継ぎができるダイヤとなっている。


詳細はこちら