ノックスクート、塗装済みの初号機がバンコク/ドンムアンに到着 両社の持ち味を融合したデザインに

NokScoot

ノックスクートは、自社の公式Facebookに初号機となるボーイング777-200ER型機の塗装済み実機を公開しています。

機体デザインは、スクートの気軽さや爽快さを反映した黄色の流れるようなデザインと、ノックエアの特徴的なくちばしのデザインがうまく融合しています。また、垂直尾翼には同社のシンボルであるノックスクートバードが大きく描かれています。

同社は2015年第1四半期にもバンコク/ドンムアンを拠点に、日本線を含む中長距離線への就航を計画しており、この機体が投入されるものと思われます。

■関連記事
ノックスクート、タイ当局から航空事業認可 2015年第1四半期の日本就航目指す
ノックスクート、ブランドアイデンティティを発表!

詳細はこちら