デルタ航空、エアバスA350とA330型機を50機確定発注 日本線にも投入へ

A350-900_Delta_RR_

デルタ航空は、エアバスA350-900型機とA330-900neoを、それぞれ50機確定発注したと発表した。A350-900型機は2017年第2四半期、A330-900neoは2019年に納入を開始される予定。

これらの機材は、ボーイング747−400型機と一部のボーイング767型機と置換えられる計画。ナット・パイパー機材戦略担当副社長は、「2機種は、大洋横断の長距離路線戦略をサポートするもの。」と述べており、日本線への就航も行われる見込み。

いずれの機種も、座席当たりの運航コストは従来機より約20%向上する。