アリタリア航空とエティハド航空、欧州委員会から提携承認 年内に作業完了へ

AZ

アリタリア航空とエティハド航空が、欧州委員会から両社の提携が欧州連合競争法に準拠していると、11月14日、承認された。これにより、2社間の戦略的提携を実行に移すことが可能になった。両社は、今年末までに提携作業を完了するべく協力していくとしている。

エティハド航空のジェームズ・ホーガン最高経営責任者(CEO)は、「この過程において前進することができることを大変喜ばしく思います。アリタリアとの提携により前向きな結果を残せるよう、私たちは今とても意欲的です。」 「アリタリアに株式投資をすることは2社間に有利だということだけではなく、イタリアへ、またイタリアから業務や観光で飛行機を利用するお客様に、幅広い旅行の選択をご提供できるようになるということが最も大切なことだと思っています。」と述べている。

また、アリタリア航空のガブリエレ・デルトルキオCEOは、「アリタリアにとって最高の結果です。この投資により、アリタリアとイタリアの旅行・観光業が長期的に成長するための財政的安定と確実な基盤ができ、その中でアリタリアは中心的な役割を担う会社になるでしょう。」「今日の欧州委員会の決定はアリタリアに過去最大の外国資本注入を実現し、イタリアを代表する航空会社に大きな信頼を示しました。」と述べた。

詳細はこちら