エアバスA350-900型機、米連邦航空局から型式証明取得

A350_XWB_-_formation_flight_4

エアバスは、A350-900型機が、アメリカ連邦航空局(FAA)より、型式証明を取得したと発表した。欧州航空安全庁(EASA)による型式証明は9月30日に取得している。

型式証明を取得したのはロールス・ロイス社製トレントXWBエンジン搭載のA350-900。すでに、5機のテスト機による飛行テストでは合計2,600時間飛行している。

来週11月19日には、マーケットサーベイのため羽田に飛来。翌20日には報道関係者向けに日本航空(JAL)格納庫で機内を公開するほか、関係者や報道陣などを乗せた飛行も行う。