京成電鉄、早朝の増発や「イブニングライナー」と終電の繰り下げのダイヤ改正 きょうから

38

京成電鉄は、きょう11月8日、ダイヤ改正を行った。

京成成田〜成田空港駅間で早朝に成田空港に到着する電車を運転するほか、スカイライナーを上下各1本増発し、成田空港への利便性を向上させる。

早朝便は京成成田を午前5時2分に出発し、空港第2ビルに同8分、成田空港には同10分に到着する。また、成田空港午前7時台発と京成上野駅午後6時台発のスカイライナーを増発するほか、最終の「イブニングライナー」を午後10時から1時間遅い午後11時発とするとともに成田空港行きとすることで、LCC早朝便を利用する人の前泊需要にも対応する。

さらに京成本線では、日中に20分間隔で運転している「本線特急」と、浅草線内で「エアポート快特」となる列車を上下線ともに青砥駅で接続させ、浅草線で都心方面への所要時間を最大10分短縮するほか、日中の浅草線内「エアポート快特」は、40分間隔から20分間隔へ増発する。

■関連記事
品川〜羽田空港間が最短11分に 京急がきょうダイヤ改正実施

詳細はこちら