”ジャンボ機の上から次々とティーショット” チャリティ活動の一環で

ba747

ゴルフ界のスター、ジャスティン・ローズ氏が、ブリティッシュ・エアウェイズのボーイング747型機の翼の上から、グレンイーグルスで開催された「ライダーカップ」での欧州選抜の勝利を祝す、見事なティーショットを披露した。

ブリティッシュ・エアウェイズは、ゴルフ界のスターであるジャスティン・ローズ氏と妻が設立した、栄養、教育、経験を通じて子供に元気を与えることを目的とする団体、ケイト・アンド・ジャスティン・ローズ・ファウンデーション(Kate and Justin Rose Foundation)への資金を募り、認知度を高める活動を支援しており、その活動の一環。

ロンドンのブリティッシュ・エアウェイズのエンジニアリング・ハンガーに、ジャスティン・ローズ氏と、サッカーの元イングランド代表主将であり、BBCのサッカー番組「マッチ・オフ・ザ・デイ」の司会を務めるゲーリー・リネカー氏、元リヴァプール FCのジェイミー・レドナップ氏、元イングランド代表であり、元アーセナルのイアン・ライト氏、トップモデルのジョディー・キッド氏が集まり、ジャスティン・ローズ氏はボーイング747型機から180ヤード先のターゲットに向かって、チャリティー用航空券を獲得するため、ティーショットを次々と放った。

ジャスティン・ローズ氏は、「今週末、チームは極めて素晴らしいプレーを披露しました。ライダーカップで再び優勝でき、最高の気分を感じています。大西洋に飛行機で戻る前に、ブリティッシュ・エアウェイズの 747 型機の翼上でもこの高揚した最高の気分を発揮できたことは、素晴らしい体験であったと共に、非常に楽しいチャレンジでした。ケイト・アンド・ジャスティン・ローズ・ファウンデーションに航空券を寄贈頂いたブリティッシュ・エアウェイズに心から感謝しています。今回の試みは、私たちのキャンペーンにとって多大な貢献となるでしょう」とコメントしている。