ニノイ・アキノ国際空港の国際線旅客施設使用料の発券時徴収、無期限で延期に

DSC_3209

フィリピン航空は、マニラのニノイ・アキノ国際空港で徴収している、国際線旅客施設使用料を航空券発券時に徴収する方式に変更するのを無期限で延期したと発表した。マニラ国際空港公団(Manila International Airport Authority)が通達を行ったとしている。

旅客施設使用料は550フィリピンペソ(約1,300円)となっており、使用料に変更はない。

フィリピン航空では、10月1日より、航空券購入時に国際線旅客施設使用料の徴収を開始。9月30日以前に発券した航空券を使用する場合、従来通り、空港で支払いが必要となるとしていた。

詳細はこちら