関西国際空港に第4ターミナル建設へ 第3ターミナル横に併設

kix

関西国際空港を運営する新関西国際空港が、第4ターミナルビルの建設の検討に入ったことがわかった。10月3日に関西プレスクラブで開催した講演で、安藤圭一社長が明かしたと各メディアが伝えている。

すでに今年1月に、第3ターミナルの建設を発表しており、現在ピーチ(Peach)が使用している第2ターミナルを国内線専用にし、第3ターミナルを国際線専用にする計画。第3ターミナルと第2ターミナルは駐車場を挟んだ位置に併設される。

各メディアの報道によると、第4ターミナルは国内線専用で、第3ターミナルの横に併設。JRと南海の関西空港駅から徒歩でターミナルに歩いていけるようになる。

関西国際空港では、現在の第2ターミナルのスポット数が9つであるのに対し、2015年末までにピーチは17機を導入する計画で、スポット数が不足する見込み。ジェットスター・ジャパンの拠点化が進めば、さらに余裕がなくなる可能性もある。

■関連記事
関西国際空港、テレビ電話で韓国語と中国語の通訳サービス 観光案内サービスを強化
関西国際空港、エアバスA380型機2階部分に直接搭乗可能に 10月24日から
関西国際空港第1ターミナル、第1次リノベーションオープンは9月4日に! 24時間営業の「ファミリーマート」、ロッテ免税店も進出

詳細はこちら