東京ディズニーリゾート、約5,000億円投資し大型アトラクション導入 「アナ」にちなんだ施設も?

tdr

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、今後10年間に5,000億円規模の投資を行うと発表した。

東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張し、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップ等の導入を検討する。東京ディズニーシーでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップ等で構成される8つ目の「新テーマポートの開発」を検討する。

 
また、アトラクションやエンターテイメントの新規導入やリニューアル、ショー鑑賞エリアの再整備、レストランの充実や混雑緩和への取り組みなどを行うとしている。

一部報道では、映画「アナと雪の女王」にちなんだ施設を作ることも検討対象としているとのこと。

詳細はこちら