宮崎空港、愛称名は「宮崎ブーゲンビリア空港」に決定!

miyazaki

宮崎空港の公募していた愛称名が、「宮崎ブーゲンビリア空港」に決定した。10月26日に開催された、空の日イベントで発表された。


ブーゲンビリアは熱帯に生息する花で、宮崎の温暖な気候、人々の温和な心、温かいおもてなしの精神を表しているとして、3,048件の応募の中から選定された、

また、ブーゲンビリアは宮崎交通の創始者で宮崎空港ビル株式会社の初代社長、宮崎観光の父と言われた、故・岩切章太郎氏が普及に努めた花で、宮崎空港のシンボル的存在としている。

(タイトルを修正しました)

詳細はこちら