今年の年末年始は最大13連休!? 10万円以上割安に人気都市へ旅行できるコツも

hawaii

2014年の年末年始は、カレンダー通りだと12月27日から1月4日までの9連休。例えば、12月24日から26日の3日間を休むと、天皇誕生日を入れて13連休という夢の超大型連休も可能なのです。

エクスペディアの調査では、休みを1日2日ずらすだけで、年末年始の”定番”であるハワイ旅行が4泊5日で15万円以下に抑えられるとしています。12月27日から31日の場合は約258,000円である一方、1月1日から5日の場合は約149,000円とグッと割安になります。

その他の目的地でも、ローマ6泊7日の場合は、12月27日出発では約251,000円ですが、12月31日出発ではなんと約92,000円にと約16万円も割安。後ろに休みをずらすと安くなる傾向は、日本人に人気がある、バルセロナやパリでも見られています。

一方で、バンコク、香港、台北などの場合、4泊5日ではピークよりも前の12月25日や26日に出発したほうが割安。

さらにエクスペディアでは、旅行を前にずらすと安い国と後ろにずらすと安い国の美味しいところを取って、12月25日から香港5日間と12月31日からパリ7日間の2つの旅行を組み合わせると約164,000円と、カレンダー通りにパリに行くよりも約12万円もお得になると提案しています。