春秋航空日本、早朝便利用者対象の無料シャトルバスを運休 スケジュール変更で

P1010440

春秋航空日本は、東京/成田〜広島線の早朝便に合わせて、9月1日より運行している、新宿駅・東京駅〜成田空港間に無料シャトルバスを、10月25日をもって一時運休すると発表しました。

これは、10月26日から、同路線初便のスケジュールが、午前8時55分発変更となるため。

対象となるのは、東京/成田を午前6時55分に出発する、IJ621便。無料シャトルバスは、新宿駅西口を午前3時30分、東京駅丸の内口を午前4時に出発し、成田空港第2ターミナルに午前5時に到着。予約制で、先着47名限定となっていた。

■関連記事
春秋航空日本、支払い手数料と座席指定料金を改定 一部除き値上げ
春秋航空日本、2015年に中国線を2〜4路線展開へ 余剰機材は訓練で使用
春秋航空日本、東京/成田〜佐賀線を1日1便に減便 10月から

詳細はこちら