ANA、2014年の「Asia Pacific Airline of the Year」に CAPA発表

ana

全日空(ANA)は、航空業界の研究機関Center for Aviation(CAPA)の、2014年の「Asia Pacific Airline of the Year」に選ばれた。ANAは初の受賞となる。

「Asia Pacific Airline of the Year」は、過去1年間に継続的に極めて優れた業績を残した航空会社に贈られる賞。2社のLCCを設立し、マルチブランド戦略を推進したことや、コスト構造改革、ジョイントベンチャーやアライアンス外の企業との提携、新しいテクノロジーとプロダクトなどへの投資などが高く評価された。
「Asia Pacific Airline of the Year」は、2011年に日本航空(JAL)が受賞。過去には、エミレーツ航空やエアアジア、シンガポール航空、カンタス・オーストラリア航空、トルコ航空などが受賞している。