インディゴ、エアバスにA320型機250機を発注 エアバスは過去最大の受注に

A320neo_IGO_

エアバスは、現地時間10月15日、インドの格安航空会社(LCC)インディゴと、エアバスA320neoファミリーを250機発注する覚書を締結したと発表した。エアバスにとって過去最大の受注機数。

インディゴはすでに、A320ceoを100機、A320neoを180機の計280機を発注している。

A320neoファミリーは、新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを取り付け、燃費を最大15%削減する。さらに2020年までには最大20%の削減を可能にし、それにより年間1機当たりのCO2排出量を5,000トン削減することができるようになるとしている。