北陸新幹線、運賃は飛行機より割安に 東京〜富山間は12,730円

jr

JR東日本とJR西日本は、2015年3月14日に開業する北陸新幹線の運賃を発表しました。

東京〜金沢駅間は通常期の大人普通車指定席の場合は14,120円、富山駅間は同12,730円となります。従来まで利用されていた、上越新幹線と北越急行を利用した場合に比べ、金沢駅間では1,070円割高になる。

飛行機を利用する場合、全日空(ANA)の普通運賃は24,890円、前日まで予約ができる特割の場合は10月の利用の場合は14,790円からとなっており、新幹線より割高となっていることから、新幹線を意識した価格設定となるかどうかについても注目されます。

北陸新幹線は、東京〜金沢駅間を結ぶ、速達タイプの「かがやき」は1日10往復、停車タイプの「はくたか」は同14往復を運転。また、長野〜金沢駅間では停車タイプの「はくたか」を同1往復、富山〜金沢駅間ではシャトルタイプの「つるぎ」を同18往復運転するほか、従来の長野新幹線と同じ、東京〜長野駅間には「あさま」を16往復運転。東京〜金沢駅間は最速2時間28分、東京〜富山駅間は最速2時間8分に短縮される。

詳細はこちら