ANA、スマートフォンアプリ「ANA」がグッドデザイン賞受賞!

anagood

全日空(ANA)は、スマートフォンアプリ「ANA」が、財団法人日本産業デザイン振興会主催の2014年度「グッドデザイン賞」を受賞したと発表した。

ANAのスマートフォンアプリは、Simple、Smart、Speedyをテーマに、搭乗者の満足度向上を目的に開発。Passbookに登録された情報を利用し、出発時刻や保安検査場締切までの時間(国内線のみ)の案内や、出発時刻、運航状況、搭乗口変更の情報をタイムリーにプッシュ通知でお知らせするなどの機能が評価されており、100万人以上が利用している。

「グッドデザイン賞」受賞にあたって、ANAのブランドイメージを強く意識したカラーマネージメントと、サービス内容、ユーザーフレンドリーなインタラクションが多くのユーザーに評価されたほか、直感的に操作できるグラフィカルユーザーインターフェースデザインの完成度も、高く評価された。

ANAは、2005年度に国内線一般席「ゆったり、らくらく」新シート、2006年度に成田空港の「ANA Lounge」とableプリンター(商品デザイン部門)、2007年度に国内空港端末の「ゲート改札機」と「ANA SKY KIOSK」が、それぞれグッドデザイン賞を受賞しており、4度目の受賞となる。

詳細はこちら