国土交通省、エア・ドゥに厳重注意 整備期間超過隠しで

DSC_3598

国土交通省は、エア・ドゥ(ADO)に対し、整備の実施期限を超過しているにもかかわらず、不正処理を行い整備を先送りした事例が4件確認出来たとして、厳重注意の処分を行った。

航空局は、9月8日から12日と22日、25日に安全監査を実施したところ、整備の実施期限を超過している事実を発見した際に適切な措置を行わず、全ての整備作業が期限内に実施されていることを定期的に事後確認する際にも確認が適切に行われていないことが明らかとなったことから、必要な再発防止策を検討の上、10月10日までに報告するよう指示した。

エア・ドゥでは、今回の事象を確認後、該当機材を直ちに運航から外し、必要な整備処置を緊急的に実施。整備期限超過に起因する不具合が発生していないことを確認し、現時点で機材の健全性

を確保しているとしています。

詳細はこちら