テレコムスクエア、インドで4G対応のWi-Fiルーターの貸し出しを開始!

sub1

テレコムスクエアは、9月10日、モバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!(ワイホー)」にインド専用の4G商品を追加したと発表した。これにより同社は17地域で4G対応ルーターのレンタルを行うことになる。

貸し出される端末は、インドのAirtel社で通信する端末。2012年よりサービスの提供を開始してるものの、対応エリアはまだ狭く、コルカタ、バンガロール、プネなど一部地域でのみ利用が可能。4Gで接続できない場所では自動的に3Gに切り替わる。

端末の理論値は、下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsとなり、従来の3Gに比べて、下りで最大6.9倍スピードが向上する。さらに、同時接続台数も従来の5台から10台までに増加、連続通信時間も従来の2.5倍の最大10時間になる。

料金は、従来の1日1,000円となる。

詳細はこちら