タイ国際航空、アジア域内の一部路線でエコノミークラスの中央席をブロックしたビジネスクラスを導入 エアバスA320型機で

8bb0058d

タイ国際航空は、10月26日より、タイ国内線とアジア、インドを結ぶ一部の路線のうち、エアバスA320-200型機を使用する路線のビジネスクラスで、モノクラス便の中央席を空席とする方式を導入すると発表しました。

国際線では前方16席、国内線では前方12席が対象で、通路を挟んで「3-3」となるシート配列のうち、窓側と通路側の座席のみ使用し、中央は空席とします。ヨーロッパを運航する航空会社の、ヨーロッパ域内の路線では同様の方式がすでに採用されています。

また、一部のタイ国内線では、エコノミークラスのみの設定となる便があるとしています。

詳細はこちら