ANA、ベトナム航空の株式引受けか 戦略的パートナーなどへ最大20%の株式売却へ

P1040784

ベトナム航空の民営化計画の一環として、全日空(ANA)に対し、株式の売却を行う計画があることがわかりました。現地紙のベトナムエコノミックタイムズが伝えています。

ベトナム航空は今年か来年にも株式上場を計画しており、市場では5%を流通させるほか、戦略的パートナーなどに最大20%を売却。ベトナム政府は75%を引き続き保有する計画。戦略的パートナーとなる航空会社は数社から絞られていると見られている。

ANAホールディングスは、シンガポールに投資管理を行う子会社を設立しており、ミャンマーのアジアン・ウイングス・エアウェイズへの出資を計画していたが、取りやめている。

詳細はこちら