【特集】独自の自然を擁する南国、奄美大島メディアトリップ(2日目)

P1030163

見所の多すぎる奄美大島を巡るには短すぎる、1泊2日の日程で訪れた取材陣一行。きょうのバニラエア便で東京に帰るため、早朝から早速行動を開始。(1日目の様子はこちら

P1030077

まず向かったのは、金作原原生林です。

この地域は奄美大島の珍しい動植物を間近で見られることで人気のスポットで、志摩の中心地から車で30分ほどのところにあります。こちらの写真は野生の蘭。

P1030093

こちらは亜熱帯を代表するヒカゲヘゴ。この大きさでも、樹木ではないと言うから驚きです。

ただし、これくらいの大きさにもなると木としての性質も兼ね備えているそう。毎年葉をつけ、枯れ落ちては新しい葉をその上に付けているため、大きさで樹齢がおおよそ分かるとのこと。こちらのヒカゲヘゴだとおおむね30年前後だとか。

その大きな姿はまさに亜熱帯といった感じで、奄美大島に来たことを改めて実感します。

P1030117

こちらはイモリの子供。金作原原生林も様々な生き物たちの住む豊かな森となっており、目を凝らすとそこらじゅうに生き物たちが潜んでいました。

このような水辺もあるからなのか、ヒカゲヘゴが影を作っているからなのか、一帯はそれほど暑くなく、散策も快適でした。あちこちから鳥たちの鳴き声も聞こえてきます。

P1030125

こちらは折れたヒカゲヘゴの断面。

中が空洞になっていることからもヒカゲヘゴが樹木ではないことが分かります。

P1030267

次に向かったのは「大浜海浜公園・奄美海洋展示館」です。

こちらは浜辺を中心とする公園の他に、奄美の海洋を間近で感じることのできる海洋博物館になっています。

P1030129

大きな水槽には奄美大島近海で生活する海の生き物たちがたくさん泳いでいました。

こちらはなぜが壁に垂直に張り付いているコバンザメ。

P1030172

こちらの水槽は階段で上に上ることができます。

そして、この施設の一番の目玉であるウミガメを間近で観察することができます。

P1030168

ウミガメは観察するだけでなく、小さなものは手に持たせていただくこともできました。

また、ウミガメに餌やりをする事ができるなど、ウミガメと触れ合えるとても楽しい施設となっていました。

P1030180

また、他にも奄美大島の生き物のいくつかを手にとって観察することができました。

こちらは小さなヤドカリ。奄美大島の海岸には多くのヤドカリが生息しています。

P1030224

こちらは奄美大島の海岸で取れた貝殻をつかって制作された、奄美伝統踊りの様子です。

とても精巧に作られていました。

P1030245

展示館を出て1分も歩くとビーチにたどり着きます。

白い砂浜が眩しく、綺麗な海はまさに南国。ここに来なければ見ることのできない海がそこにはありました。海水はとても透明度が高く、遠くの海底もほんのりと透けて見ることができました。

P1030311

綺麗な海を目に焼き付けた一行が次に向かったのは「けいはん ひさ倉」です。

鶏飯は奄美大島の郷土料理で、ご飯の上に様々な具を載せた後、鶏ガラスープをたっぷりかけていただく料理です。

ひさ倉では、自前の養鶏場で飼育されたこだわりの鶏を使用する事によって、鶏のダシがよく効いた、食欲をそそる味に仕上がっています。

とても食べやすく仕上がっており、さらさらと食べていると気がつけば3杯ほどいただいていました。

P1030373

また、ひさ倉では自前で養鶏場を抱えており、新鮮な鶏を調達できることから、鶏刺しをいただくことができます。

普段は焼いた状態でいただいている鶏の各部位を生で頂いたことはないので、少々気後れしながら口に運ぶと、そのおいしさに驚きました。

たとえば砂肝などは、焼いたときと同じような食感は残しつつも生なので柔らかく、とても食べやすかったです。一緒に出される専用の醤油は甘醤油になっており、鶏の風味をより引き立てていました。レモンをかけるとよりさっぱりとした風味になったので、好みに合わせて食べ方を変えるのも良いと思います。

P1030375

おいしさのあまり少々食べ過ぎた一行が次に向かったのは先ほどとは別のビーチです。

奄美大島は様々な魅力的なスポットがありますが、やはりこの美しい海を外す事はできません。砂浜の至る所にサンゴの骨格が落ちています。こうしたところにも南国のビーチを感じることができます。

P1030396

ビーチにある岩場へ。

一見、岩しかない様にみえますが、よく目を凝らすと岩の影などにカニやウニ、ヤドカリなども見られ、奄美大島の海の豊かさが垣間見れます。こちらの写真では中央部にカニを確認できます。

P1030399

奄美の海の良さを改めて実感した一行は、「原ハブ屋奄美」へ。

こちらはハブ関連のグッズを売っているお店で、ハブ油やハブ革を利用したアクセサリーなどを取り扱っています。しかし、このお店は単にハブグッズを売っているだけではありません。

P1030403

完全予約制で「ハブと愛まショー」というハブのショーを見学することができるのです。

ハブは奄美大島に生息する毒蛇で、その毒は筋肉組織を破壊し、成人男性を死に至らしめる程の毒性を持っています。そんなハブを間近に見られるショーは、単にハブを見るだけでなくハブや奄美大島の貴重な生態系の一部である蛇たちについて学べる内容にもなっています。

P1030411

こちらはアカマタ。

奄美大島と沖縄に生息し、様々なものを食しています。場合によってはウミガメやハブまで餌の対象とする事もあります。無毒ですが気性が荒く、締め付ける力がとても強いため、危険な蛇の一つと考えられています。

P1030420

ヒヘハブも奄美大島と沖縄列島に生息する蛇です。

こちらも毒蛇ですが、気性は穏やかで、こちらから何かしない限り攻撃してくる事は無いそうです。餌はカエルなどを好むので、カエルが多い水辺に夜間出没します。

P1030413

こちらはヒャンです。

非常に珍しい種で、奄美群島にしか生息しないとされています。ナイトツアーのガイドさんも、年に1度くらいしか遭遇しないとおっしゃっていたほどで、なかなかお目にかかることはできないようです。こちらも毒蛇ですが、小さく、噛みついてくることは少ないそうです。

P1030424

おまちかねのホンハブです。

ハブは島の人とのつながりも深く、ハブを捕獲すると貰える助成金を目当てにハブを探しに山へ行く人も珍しくないそうです。ハブと愛まショーでは、ハブを狩りにいく奄美の人を模したショーもあり、どのようにしてハブを捕まえるのかを見ることができます。

P1030445

「原ハブ屋奄美」を後にした一行はいよいよ奄美空港へ。

この日の奄美の気温は34度。とても暑いですが、いざ帰るとなるとこの暑さも名残惜しい気持ちになります。空港で島バナナと黒糖を購入し、帰路へつきました。

P1030439

1泊2日と、奄美大島を堪能するにはあまりにも短すぎる期間ではありましたが、それでも都会では決して味わうことのできないワイルドな自然の数々を見ることができてとても良かったです。”南国=海”ではなく、奄美大島の独自の自然を探検するというのも島の楽しみ方の一つなのかもしれません。

また、たくさんのおいしい食べ物があり、舌でも楽しませてくれる場所でした。バニラエアの東京/成田~奄美大島線が開設されたことによって、奄美大島との距離はますます縮まりました。手つかずの大自然と綺麗な海が共存する奄美大島に、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。