ベトジェットエア、ウラジオストク線就航へ 覚書締結

vj

ベトジェットエアは、ウラジオストク国際空港と就航に関する覚書を締結したと発表しました。

ロシア人観光客の間で、ホーチミンやハノイは人気の観光地となっていることから、直行便を運航する計画。式典には、ロシアのイーゴリ・イワノヴィッチ・シュワロフ副首相も出席した。

ベトジェットエアは、韓国、タイ、シンガポール線をすでに運航しており、シェムリアップ線も就航する計画。さらに、年末には大阪/関西線にチャーター便として就航する計画で、早ければ今週中にも正式発表される見込みです。

詳細はこちら