南海電鉄、関西空港発終電を11分繰り下げ 空港急行増発も

_MG_1611

南海電気鉄道は、10月18日にダイヤ改正を行い、関西空港発の最終列車の時刻を繰り下げると発表しました。

従来は午後11時29分発の空港急行難波行きの後に、午後11時40分発普通難波行きを増発します。難波駅到着は午前0時40分となります。

さらに、午前10時から午後3時台の空港急行を1時間に2本から4本に増発するほか、特急ラピートβのうち7本をラピートαに変更し停車駅を変更。所要時間をそれぞれ最大4分短縮する。

(写真:EX-TRAIN)

詳細はこちら