”日本一の朝ごはん”頂上決戦 2年連続で「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」が制する!

main

楽天は、9月2日、都内で楽天トラベルが主催する「朝ごはんフェスティバル2014 ~頂上決戦~」を開催した。

第3回を迎えた「朝ごはんフェスティバル(R)2014 ~頂上決戦~」は、イタリア料理人の神戸勝彦氏、フランス料理人の坂井宏行氏、日本料理人中村孝明氏と神田川俊郎氏、中華料理人の陳建一氏、料理研究家の浜内千波氏、楽天トラベル事業部長の山本考伸氏が審査員を務めた。

過去最多となる約1,000もの宿泊施設の中から地方予選を勝ち進み、見事、”日本一の朝ごはん”に輝いた中日本地区代表「下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋」は、1日の生きる活力を養う薬膳素材をふんだんに使った「薬膳粥」、素材の風味を最大限引き出した清流飛騨川の「鮎の一夜干し」が高い評価を獲得し、二年連続優勝という快挙を果たした。

sub1

審査員を務めた「神田川本店」店主の神田川俊郎氏は、「薬膳が良く効いていて朝から身体がよろこぶ朝ごはん。料理・盛り付けは秋らしく色鮮やかに、おもてなしの心がよくあらわれている」と高く評価。

「ファミリークッキングスクール」主宰・料理研究家の浜内千波氏も、「素材のままの味が活かされており、余計な塩分がほとんど使われていない。細部にわたるまで健康に配慮されたすばらしい朝ごはん」と絶賛した。

sub2

準優勝に輝いた西日本地区代表「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」に対しては、「野菜が主役になれるすばらしい一品。温かいソースという発想が新しく、朝の目覚めにふさわしい」(「レストラン中村孝明」オーナーシェフ中村 孝明氏)、「たくさんのパンと、斬新な野菜がパッと現れたときに感動を呼ぶ。新しいのに味はしっかりおいしく、オリジナリティあふれるメニュー」(「四川飯店」オーナーシェフ 陳健一氏)との評価。

sub3
 

また第3位の福岡・沖縄地区代表「イル・パラッツォ」の朝ごはんには「見た瞬間に、華があり、食欲をそそる朝ごはん。「食べるドレッシング」というネーミングもすばらしく、女性に人気があるのもうなづける」(「ラ・ロシェル」オーナーシェフ 坂井宏行氏)との評価された。
 
審査員特別賞には「磐梯熱海温泉 四季彩 一力」と「センチュリーロイヤルホテル」。各地方予選2位の中から最もポイントが高かった施設が選出される、審査員特別枠には「HOTEL&RESIDENCE 南州館」がそれぞれ輝いた。

詳細はこちら