2014年4月〜6月のLCC欠航率、ピーチは1年連続で機材繰りでの欠航ゼロに

42

国土交通省は、9月1日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成26年4~6月)を発表しました。

発表によると、LCCのうち欠航率でワーストとなったのは0.56%でバニラエア。2位は0.35%でジェットスター・ジャパン、3位は0.16%でピーチとなった。

Peachは機材繰りでの欠航は、1年間連続でゼロ。LCC3社ともに、レガシーキャリアと同水準にまで改善した。

なお、国内の対象全航空会社で欠航率が最も高かったのは、スターフライヤーで1.02%だった。

■関連記事
LCC各社の欠航率、ジェットスターは機材繰りによる欠航が2.5%超!最低はピーチ!