エアプサン機、日本上空でニアミス 接近距離は約457メートル

bx

8月12日、釜山発東京/成田行きのエアプサン機が、成田空港に向けて降下中、他の旅客機とみられる飛行物体とニアミスをしていたことがわかった。韓国の聯合ニュースが伝えた。

接近したのは日本の航空会社の航空機であるとしており、2機の距離は約457メートルだった。 空中衝突防止警報装置(TCAS)が作動したため、事故は未然に防ぐことが出来た。韓国側では、日本の航空管制ミスの可能性が高いとしている。

原因については不明で、日本の報道機関からは記事が配信されていない。

詳細はこちら