エアアジア、機内インターネットサービスを今年中に開始へ 日本などグループ会社も導入へ

ak

エアアジアは、機内でのインターネットサービスを今年末までに開始すると発表しました。同社は、きょう13日、機内でのテストを実施しています。

マレーシアのエアアジアが運航する、AKから始まる便名のフライトから導入を開始し、グループ航空会社にも導入を行います。実施したテストでは、120人のスタッフが「LINE」「Whatsapp」「WeChat」のインスタントメッセンジャーを使用したほか、機内から同社の公式Twitterなどにも投稿が行われていました。

トニー・フェルナンデスCEOは、提案されたWi-Fi機器はあまりにも高価だったため、自社で約5年の年月をかけて開発したと明かしたものの、「これがエアアジアのやり方」とした上で、「最も手頃な料金で最高の価値を提供する。」と述べています。

詳細はこちら