スカイチーム、アジア西南太平洋周遊パス発表 日本含むアジア西南太平洋地域26の国と地域が対象!

SKYTEAM

スカイチームは、アジアおよび南西太平洋地域で規定の距離内で周遊できる「ゴーラウンドアジアアンドサウスウエストパシフィックパス(Go Round Asia and South West Pacific PASS)」発表した。

このパスは、インド、インドネシア、ウズベキスタン、カザフスタン、カンボジア、キルギス、シンガポール、タイ、タジキスタン、トルクメニスタン、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、ウラル山脈以東のロシア連邦、韓国、台湾、中国、日本、香港、オーストラリア、グアム、ニュージーランドの計26の国と地域を対象に、スカイチーム運航便を活用して周遊旅行が行えるもの。

パスを購入した人は、エコノミーまたはビジネスクラスで3~11便を利用することができる。旅程の起点と終点は同じ国か地域でなくてはならないほか、オーストラリアまたはニュージーランドで1回以上滞在する必要がある。運賃は3つの運賃帯に分かれており、それぞれ13,000マイル、17,000マイル、21,000マイルとなっている。スカイチームの他の地域トラベルパスとは異なり、大陸間路線の往復便や世界周遊パスと組み合わせる必要は無く、地域内で開始・終了する旅程で利用できる。

スカイチームのマーケティング担当副社長のマウロ・オレッティ氏は「Go Round Asia and South West Pacific PASSでは、この地域内の充実した路線網を駆使し、すばらしい都市の数々を柔軟かつ経済的に旅行することが可能です。やや小型の世界周遊というコンセプトにより、この地域を重点的に旅行したいお客様に、ビジネスやレジャーなどニーズに合わせて最大11便をご利用いただけます。」と述べた。

問い合わせや予約は、最寄りのスカイチーム加盟航空会社や旅行会社で行う事になる。購入は出発日の3日前まで可能。

詳細はこちら