ルフトハンザ・ドイツ航空、ワールド・トラベル・アワーズのヨーロッパリーディングエアラインを4年連続で受賞!

P1060036

ルフトハンザ・ドイツ航空は、4年連続でワールド・トラベル・アワーズの「ヨーロッパのリーディング・エアライン」に選出された。ワールド・トラベル・アワーズは1993年に始まり、現在では全世界の旅行・ホスピタリティのプロフェッショナル23万人により投票され、優秀な企業や機関を表彰している。

今回、同社が選ばれた「ヨーロッパのリーディング・エアライン」は、ヨーロッパのエアラインをリードする航空会社であることを示す賞で、ヨーロッパの11の航空会社の中から選出された。また、同社は「ヨーロッパのリーディング・エアライン・ラウンジ」をフランクフルトのファーストクラスターミナルとラウンジで受賞している。

ワールド・トラベル・アワーズの主催者で創業者のグラハム・E・クック氏は「ワールド・トラベル・アワーズは、産業の卓越性の限界を押し上げた各ブランドを20年以上にわたって称えています。この間、ルフトハンザは権威あるエアライン部門をリードし続けており、ヨーロッパのリーディング・エアラインのタイトルを通算7回獲得しています。今年で4年連続の受賞となりました。ルフトハンザがベスト・ラウンジのカテゴリーでも受賞したことを踏まえると、全世界の旅行のプロフェッショナルに認められた素晴らしい栄誉と言えます」と述べ、ルフトハンザ・ドイツ航空の栄誉をたたえた。

これを受けてルフトハンザ・ドイツ航空のチーフ・コマーシャル・オフィサーのイェンス・ビショフ氏は「地上と機内のチームにとって、この賞は素晴らしい『承認』です。われわれはサービスとホスピタリティーの両面でリーダーとなることに焦点を当てています。今年計画しているプロダクトの拡張において重要な要素であるこの取り組みが、この素晴らしい賞によって認められました。われわれはさらに取り組みを続けていきます。2015年夏までに全ての長距離便に新しいプレミアムエコノミークラスを導入し、新しいビジネスクラスを組み込むことで、ルフトハンザは航空産業のフロントランナーとなるでしょう。われわれは名声に安んじることなく、ルフトハンザのファンをさらに増やしていきます」と述べた。

詳細はこちら