スカイマーク、米子から撤退せず 知事定例会見で明らかに

sky

スカイマークが、米子からの完全撤退を行わない方針であることが、昨日8日に行われた鳥取県知事定例会見でわかりました。

平井知事は、小倉誠一地域振興部長をスカイマーク本社に派遣し、西久保愼一社長と直接面談したところ、米子事務所を廃止する考えはないと明言したとしています。

6月の搭乗実績を見ると、東京/羽田線は59.3%、東京/成田線は28.1%、神戸線は45.0%、札幌/千歳線は43.6%、沖縄/那覇線は45.6%となっている。

鳥取県では、利用促進を図るために神戸などでキャンペーンを行う方針。スカイマークは8月中に10月下旬以降の冬ダイヤを編成する計画。

すでに一部メディアで、東京/成田からの拠点撤退を決めたと報道されています。