フィンエアー、来春から地中海リゾートなどに路線拡大 10路線を追加

749a448f

フィンランド航空(フィンエアー)は、2015年夏期スケジュールで、ヨーロッパの10都市に新たに就航すると発表しました。

キプロスのパフォスには3月31日より週1便、スペインのマヨルカには4月11日より週2便、トルコのボドルムには4月12日より週1便、ギリシャのクレタ島イラクリオンには4月17日から週2便、同クレタ島ハニア空港には4月18日から週6便、同ロードス島には4月19日より週5便、イタリアのシシリア島カターニアには5月6日より週1便、ギリシャのコスには5月9日より週1便、イタリアのアマルフィ海岸ナポリ空港には5月28日より週2便、オーストリアのインスブルックには6月14日より週1便を運航する。

今回就航する新路線は、現地旅行会社と協力し、パッケージツアーとして販売していくとしている。また、フィンエアーのウェブサイトなどを通じて航空券のみの販売も行う。
 
フィンエアーのチーフ・コマーシャル・オフィサー、アリスター・パターソン氏は「地中海地域のビーチリゾートを訪れるお客様や、ご自身で自由にホリデープランを立てたいお客様からは、ヘルシンキからの航空券のみの購入を望む声が強くありました。そこで今回の新路線では、パッケージツアーとともに、航空券のみの販売も行うことで、夏の人気の目的地へさらにお得で多彩な選択肢を提供することになります」と述べています。

詳細はこちら